私が考える遺品整理

家計の足しなどのためだけでなく、自分自身のやりがいやスキル取得を考えて働きたいと考える既婚女性が増えています。そんな人には遺品整理士がおススメです。

女性だからこそ遺品整理士

<関連サイト・・・供養

遺品整理士の仕事をしているのは、やはりまだ男性の方が多いようですが、遺品整理を依頼する人の中には、女性の遺品整理士を希望する人が多くいるんです。

特に故人が女性の場合、衣服や下着の整理はできれば女性にやってほしいと思うもの。

また、女性の方が「片付け上手」であったり、「几帳面」、「丁寧」というイメージを持っている人も多いようです。

「片付け上手」や「几帳面」、「丁寧」なのは男性にもいるかとは思いますが、男性になくて女性にないもの、それが「共感性」なんです。

共感性とは、他人の喜怒哀楽を自分のように感じ、共有することです。

実は、遺品整理士の仕事には、この共感性が一番大切なんです。

故人・遺族の気持ちに寄り添って、相手のことを考えながら仕事をするというのは、遺品整理士にとってもっとも必要なこと。

自然に共感性を発揮できる女性は、やはり遺品整理士に向いていると考えられます。

Comments are currently closed.